レディ

人気の フードコーディネーターになろう!食の専門家を目指せ

人気の職業

ウーマン

どんな仕事に活かせるか

フードコーディネーターは、テレビや雑誌、インターネットなどの各種メディアで取り上げられ、人気を集めています。以前には耳にしなかったフードコーディネーターという職業ですが、名前は知っていても、詳しく知らない方が多いです。フードコーディネーターは食の専門家であり、食品の商品開発や、レストランのプロデュース、料理のスタイリングなど食に関わる仕事全般に携わります。最近人気の食のイベントなどの企画、運営や、セミナーなど幅広い分野で活躍できます。フードコーディネーターの試験は1級から3級まであり、入門レベルからプロのレベルまで3段階に分けられています。フードコーディネーターの資格を取得する方法は、まずは独学があります。

資格の取得方法

資格取得のための書籍を購入して勉強し、試験を受けるというスタイルです。次に専門学校に通うという方法もあります。学校に通う時間と費用がかかりますが、食に関する知識を体系的に学ぶことができます。通学が難しい方には、通信講座を利用することができます。自分の都合の良い時間に学習できるので、仕事をしながらフードコーディネーターを目指したい方に向いています。通信だけでは物足りない方は、学業や仕事の合間に週1回程度、通えるスクールもあります。実習が中心になり、現場で役立つ技術を習得することができます。それぞれに、必要な時間や費用が異なり、就職や独立のサポート体制も異なります。まずは資料請求をして、自分の希望に合うスタイルを選びましょう。

居心地の良い空間作りに

コーヒーとケーキ

居心地の良いカフェを開店させる自信があるのならば、学校やスクールに通って、営業面の勉強をおこないましょう。カフェ経営の知識を教えてくれるところは、夜間に対応している場合も多いので働きながら通うことも可能です。

詳細へ

接客もプロになりましょう

コーヒー

バリスタは、国家資格ではないために必要な受験資格はありません。しかし、専門学校では経営についても学ぶことができるので、開業を目指している方にはおすすめです。また、バリスタは接客のプロでもあるので、様々な人生経験が必要になるため、バリスタを目指すのに遅すぎるありません。

詳細へ

違和感なく働くこと

笑顔の人

料理が好きで調理の仕事がしたい方は、進学する学校をきちんと選ぶことが大切です。お店をもちたいのか、料理の先生になりたいのか、いろんな働き方があります。授業を受けながら、実際に店で働くことができる学校もあります。実際に体験しておくと就職したときに違和感なく働くことができます。

詳細へ